北野高校合格
プロジェクト

スーパー飛び級特別プロジェクト



夢実現のラインアップ
  

お子様の“そんな夢”“こんな夢”実現を確約します!

夢実現のための特別プロジェクトのラインアップ

  K  プロジェクト‥園児や小学校の低学年から始める、ゆとりの国立大学進学教育のスタンダードです。勉強は「面白い、楽しい」を原動力に、お子様の未来を学力で拓きます。中学受験を希望される方は、小学校4年生までに中学校の内容を終了することで、進学後も上位の成績を確約します。

  S  プロジェクト‥私立小学校で学習に悩んでいるお子様を救済します。膨大な宿題に圧倒され、学習への自信をなくしたお子様の復活を実現させます。

   T  プロジェクト‥公立中学に進学する小学5、6年生から始めるスーパー飛び級です。公立中学から四条畷・北野高校への進学はもちろん、進学後も上位の成績を確約します。優駿塾は、北野高校合格プロジェクトを推進しています。


*詳しくは、こちら「飛び級特進スクール」公式ホームページ
   http://www.tobiq.jp/





 


北野高校合格プロジェクト

小5から始めよう!

大阪府の入試改革! どうする、どうなる!?

トップ校(北野高校)の入試は、来年度から英語・数学・国語が劇的に難しくなります。

大阪府立高校の入試改革が一気に進みました。 特にトップ校(北野高校)の入試は、来年度から英語が劇的に難しくなります。 また、数学・国語も、C問題となって、難易度がさらに上がっています小学校低学年から「スーパー飛び級」で勉強している生徒さんにとっては、特別な対策をせずとも充分に対応できますがすでに小学校高学年、中学生になられているお子さんには、不可能な話です。 そこで「スーパー飛び級」のエッセンスは大切にしながら、 小学校5年生から中学1年生対象の「北野高校合格プロジェクト」を、9月より開始しております。
 


What's New

新着情報

大阪府立トップ高校が選定する入試の国・英・数の発展問題が求めるのは?

出題問題の80%以上が中学3年生の学習領域しかもその75%が、2学期の半ばから3学期に学習する問題です。これは、今春の受験から一般入試で、国・数・英の問題が、基礎的問題・標準的問題・発展的問題の3種類の中から学校側が選択する制度に変わった大阪府立高校入試の数学の発展問題の出題分析です。学校の授業進度に合わせていては、受験勉強をする間もなく、それどころか、進度が遅い学校では入試までに終わらないかも知れません。もちろん、国語・英語も同じように3種類の難易度別の問題からの選択です。
では大阪府がトップ高校(難易度の高い大学への進学を希望する)の受験生に求めている受験像は、中3からの無茶苦茶な詰込でしょうか?いえ、それは違います。その答えは、来年度から始まる英語のリスニングの発展問題にあります。大阪府教育委員会のウェブページの問題サンプルを見れば、求められていることは明らかです。問われているのは、大学受験や社会が求める言語としてのコミュニケーション英語で、中学の授業で行なわれている語学としての英語ではありません。それに、大阪府教育委員会は、平成29年度以降も「発展的問題」はさらに改革を行なうと明言しています。もうお分かりですね?そうです。トップ高校の受験をめざす子ども達に求められているのは、無茶な詰込等では、攻略できない文科省のカリキュラムを超えたより高度な学力です。そして、この傾向は、大阪だけでなく程度の差はあってもすでに始まっています。
 


理科そして社会は?

理科・社会の問題は一種類だけです。したがって、トップ高校の受験生に求められるのはノーミスの解答です。ただ、大手を含めて一般の塾では、国・英・数の詰込に時間を取られるので、「理社の詰めは、簡単だから自分でやれるだろう」になると思います。時間的な余裕が持てるSKPの中学生にはICT習熟トレーニングで確実に満点を取らせます。
 


Course

優駿塾の授業
 

小学生コース

 
 

中学生コース

 
 

高校生コース

 

中学準備講座
受講生募集中!